フリーワードから探す
Cubism Editor

Cubism Editor・Viewerが正常に起動しない(Windows)

2022/06/14 (Tue)
0 役に立った

Cubism Editor・Viewerが正常に起動しない場合、以下のステップに合わせて状況を確認してみましょう。

Macをお使いの場合はこちらのページをご覧ください。
Cubism Editor・Viewerが正常に起動しない(Mac)

STEP.1
基本的な環境を確認する

動作環境を満たしているか

動作環境ページにアクセスして、すべての要件を満たしているかを確認してみましょう。
どれか一つでも不足しているとCubismが正常に動作しない可能性があります。
動作環境 – Live2D Cubism 製品サイト

Cubismのバージョンが最新であるか

更新履歴ページにアクセスして、現在インストールされているCubismのバージョンが最新かを確認してみましょう。
最新でない場合はアップデートしてください。
更新履歴 – Lve2D Cubism Editorマニュアル

STEP.2
各種設定が適切であるかを確認する

Cubismのインストール場所が適切か

Cubismが以下の場所に正しくインストールされているかを確認しましょう。
【正式版の場合】C:Program Files\Live2D Cubism X.X
【beta版の場合】C:Program Files\Live2D Cubism X.X beta
X.Xをお使いのバージョン名に書き換えてください。

Cubismを管理者権限で実行する

Windowsでは、管理者権限を持ったユーザーアカウントでログインしている場合でも標準ユーザーと同じ権限でアプリケーションを実行してしまいます。
そのため、一部の機能が制限されてしまいCubismが正常に動作しない可能性があります。
Cubismを管理者権限で実行しているかを確認してみましょう。

Cubismを常に管理者権限で実行する方法

手順①
CubismEditorX.exeを右クリックし、右クリックメニューから「プロパティ」を開きます。

手順②
「互換性」タブを開き「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックをつけ、適用とOKボタンをクリックし設定を保存します。

※お使いの環境や設定により、設定方法が異なる場合があります。
詳しくはお使いOSの発売元にお問い合わせください。

Windowsユーザーアカウントの名称が適切か

Windowsユーザーアカウントの名称にスペース(空白)や特殊記号が含まれている場合、Cubismが正常に動作しない可能性があります。
ログインしているアカウントに問題がないか確認してみましょう。

カスタムテーマを削除する

Windowsのカスタムテーマを使用している場合はCubismが正常に動作しない可能性があります。
カスタムテーマを完全にリセット・削除しデフォルトの状態にして、エディタが正常に起動するか確認してみましょう。

STEP.3
グラフィックス設定を確認する

グラフィックスプロセッサの使用状況を確認する

Cubismはオンボードグラフィックス(内蔵グラフィックスプロセッサ)環境での動作をサポートしていません。
グラフィックボードを搭載していても環境設定によりオンボードグラフィックスを使用している場合はCubismが正常に動作しない可能性がありますので、グラフィックスプロセッサの設定を確認してみましょう。

使用グラフィックスプロセッサの切り替え方法
(NVIDIA社製グラフィックボードの場合の例)

 

手順①

デスクトップ上の何もないところを右クリックし、右クリックメニューから「NVIDIA コントロールパネル」を開きます。

 

手順②

NVIDIAのコントロールパネルで「3D設定の管理」を開き「優先グラフィックスプロセッサ」の項目を確認します。
「高パフォーマンス NVIDIA プロセッサ」に設定してしてください。

 

・「自動選択」グラフィックボードとオンボードグラフィックスを自動で切り替える
・「高パフォーマンスNVIDIAプロセッサ」グラフィックボードを優先的に使用する
・「統合型グラフィックス」オンボードグラフィックスを優先的に使用する

 

※お使いの環境や設定により、設定方法が異なる場合があります。
詳しくはお使いのマシンおよびグラフィックス製品の発売元にお問い合わせください。

グラフィックスドライバのバージョンが最新であるか

グラフィックスドライバのバージョンが最新でない場合は、アップデートしてください。

STEP.4
設定ファイルを確認する

設定ファイルを削除する

Cubismの設定ファイルを削除すると問題が改善する場合があります。
以下の手順で削除を行ってください。

  1. 1.以下の場所のファイルを開きます。この「Live2D」フォルダの中に各種設定情報が格納されています。
    C:\Users\username\AppData\Roaming\Live2D
  2. 2.「Live2D」フォルダを、デスクトップなどのわかりやすい場所にコピー&ペーストしてバックアップを保存しておきます。
    もし削除後に問題が発生した場合や、問題が解決できずにお問い合わせいただく際、
    Live2Dスタッフが中身を確認するためにこのバックアップを使用します。
  3. 3.手順1で開いた場所の「Live2D」フォルダをフォルダごと削除します。
  4. 4.Cubismが正常に動作するかを確認してください。
STEP.5
BATファイルを使用して起動する

BATファイル(バッチファイル)とは、パソコンへの命令を文章でまとめたファイルのことで、EXEファイル(実行ファイル)と同じフォルダ内に同梱しています。
EXEファイルからCubismを正常に起動できない場合は、このBATファイルを使用してパソコンに命令する形で起動を行いましょう。
この方法で正常にCubismを起動できる場合はそのままお使いください。
起動する方法は異なりますが、いずれの方法でもCubismのアプリケーションの内容には変わりありませんのでご安心ください。

 

BATファイルからそのまま起動する

  1. 1.CubismEditorX.batをダブルクリックしてファイルを開きます。
  2. 2.コマンドプロンプトの黒いウィンドウが開き、文字列が表示されます。
  3. 3.少し待つと、自動的にCubismが起動します。
  4. 4.Cubismが正常に動作するかを確認してください。
  5. 5.もし起動に失敗したり動作が不安定な場合はCubismとコマンドプロンプトを終了して、
    手順1~4をCubismEditorX_d3d.batで行ってください。

※Viewerの場合はViewerのBATファイルを開いてください。

BATファイルの名称を書き換えて起動する

BATファイルからそのまま起動できない場合は、BATファイルの名称を書き換える方法で起動を試してください。

  1. 1.エクスプローラーで以下のディレクトリを開きます。
    【正式版の場合】C:\Program Files\Live2D Cubism X.X
    【beta版の場合】C:\Program Files\Live2D Cubism X.X beta
  2. 2.CubismEditorX.batのファイル名をCubismEditorX_backup.batに変更します。
  3. 3.CubismEditorX_d3d.batのファイル名をCubismEditorX.batに変更します。
  4. 4.CubismEditor.exeをダブルクリックしてCubismを起動します。
  5. 5.正常に動作するかを確認してください。

Xお使いのバージョン名に書き換えてください。
※Viewerの場合は、EditorViewerに書き換えてください。

STEP.6
サポートに問い合わせる

ステップ1~5を全て確認しても改善しない場合は、何らかの不具合が発生している可能性があります。
お手数ですが、マシン環境の詳細を明記のうえLive2D公式コミュニティよりご報告ください。
スタッフがログファイルの提出を求める場合がありますので、ログファイルのご用意をお願いいたします。
Live2D公式コミュニティ
ログファイルの確認方法 – Live2Dヘルプ

ログファイルが取得できない場合

ログファイルが存在せず取得できない場合は、以下の手順でコマンドプロンプトから不具合情報を取得してください。

  1. 1.スタートメニュー → Windowsシステムツール → コマンドプロンプト をクリックし、コマンドプロンプトを起動します。
  2. 2.コマンドプロンプトへ以下の文字列をコピー&ペーストしEnterを押します。
    【正式版の場合】cd “C:\Program Files\Live2D Cubism X.X”
    【beta版の場合】cd “C:\Program Files\Live2D Cubism X.X beta”
  3. 3.コマンドプロンプトへ以下の文字列をコピー&ペーストしEnterを押します。
     CubismEditorX.bat
  4. 4.コマンドプロンプトに文字列が出力され、Cubism Editorが自動的に起動します。
  5. 5.コマンドプロンプトに出力された全ての文字列をコピー&ペーストしてテキストファイルとして保存します。
    まず、コマンドプロンプトウィンドウの左上にあるアイコンをクリックしてメニュー開き、
    編集  →  すべて選択 をクリックし、全ての文字列を選択します。
    さらに、先ほどと同じメニューからコピーを選択します。
  6. 6.メモ帳などにペーストしてテキストファイルとして保存します。

Xお使いのバージョン名に書き換えてください。
※Viewerの場合は、EditorViewerに書き換えてください。

「OpenGLの初期化に失敗しました。お使いのパソコンが動作環境を満たしているかご確認下さい。」というメッセージが表示され起動に失敗します。

以下の原因が考えられます。本ページステップ3の案内に沿って環境と設定を確認してください。

  • ・お使いのマシンのグラフィックス環境がCubismに必要な要件を満たしていない
  • ・グラフィックスプロセッサ設定によりグラフィックボードではなくオンボードグラフィックスを使用している
  • ・グラフィックスドライバのバージョンが最新でない
SNSでシェアする